オリバー・ゴールドスミスのメガネ・サングラスの修理について詳しく解説します

オリバー・ゴールドスミスのメガネ・サングラスの修理について詳しく解説します

オリバー・ゴールドスミスのメガネのモダン交換を検討中

サングラスのフレームが歪んできたのでなおしたい

オリバー・ゴールドスミスのメガネ・サングラスの修理を検討中ならこちらのページを参照してみましょう。

メーカーでの修理を断られてしまった、もう、直らないかな?とあきらめないで修理が可能な場合があります。オリバー・ゴールドスミスのメガネ・サングラスの修理を熟練のメガネ修理職人が丁寧に解説していきます。

オリバー・ゴールドスミス(OLIVER GOLDSMITH)は1926年にフィリップ・オリバー・ゴールドスミスがイギリス・ロンドンで創業したアイ・ウェアのブランドです。1950年代に画期的なデザインのサングラスを発表しましたが1990年代に一時休業したのを経て、2005年に当時のデザインを復刻させ現在に至ります。

メガネ・サングラスのフレームの磨き・修理

オリバー・ゴールドスミスのメガネ・サングラスのフレームは皮脂や汗、紫外線、化粧品、整髪料などの影響でくすんだり、汚れがついてしまったりする場合があります。

日頃のお手入れではきれいにならず、そのまま使い続けていくと変色して、セルフレームの場合は特に脆くなる場合があるので早めに磨き修理を検討しましょう。ベテランの修理職人が丁寧に磨き上げます。

  • フレーム磨き 5,000円~

 

メガネ・サングラスのフレーム調整・修理

メガネやサングラスは使い続けているうちに、ゆがんでくることがあります。また、フレームが曲がってしまうこともあります。その場合、調整修理が可能です。

特にメガネの場合視力を矯正するものでもあるので、フレームの歪み修理は早めの修理を検討しましょう。

  • フレーム調整 4,000円~
  • フレーム折れ修理 5,000円~

 

モダン・鼻パットの調整・修理

オリバー・ゴールドスミスのメガネ・サングラスの「ツル」の先端についているモダンや鼻パッドは、整髪料、皮脂、化粧品などで汚れたり、劣化してくることがあります。

モダンが合わなくてフィットしない、耳のあたりが痛い、跡が残ってしまう、といった場合、交換修理が可能です。
また鼻パッドの材質が肌に合わない、肌に跡が残ってしまうなどのトラブルが発生する場合は鼻パッドの交換修理をおすすめします。
鼻パッドの足が歪んでしまったり、曲がってしまった場合にも調整・修理が可能ですので安心ください。

  • モダン交換 両側 4,000円~
  • 鼻パット交換 2,000円~
  • 鼻パッドステム取り付け 5,000円~

 

オリバー・ゴールドスミスのメガネ・サングラスは上記修理メニュー以外の修理・調整も可能です。壊れたからもう使えない、と、あきらめる前にメガネ修理のルネティエにご相談ください。ご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

メガネ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK
No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.