ルノアのメガネ修理はこちらのページをご覧ください

ルノアのメガネ修理はこちらのページをご覧ください

ルノアのフレームの歪みを直したい

モダンの交換を考えている

ルノアのメガネ修理を検討中ならこちらのページを参考にしましょう。

ルノアのメガネの修理をメーカーで断られてしまった、もう直せないかなとあきらめないで修理が可能な場合があります。ルノアのメガネの修理を熟練のメガネ修理職人が丁寧に解説していきます。

ルノア(Lunor)は1991年にドイツでアンティークメガネコレクター、ゲルノット リンドナーが創業したアイウェアブランドです。元はドイツ製でしたが、最近では日本の福井県でも製造されています。米アップル社の創業者で前CEOスティーブ・ジョブズが愛用していたことでも注目されました。

ルノア フレーム調整・修理

ルノアのフレームは繊細で小ぶりなものが多く、使っているうちに歪んでくることがあります。特に頭の上にメガネを乗せることが多い場合は全体が歪みやすくなります。

購入時はピッタリだったのに、最近ずり落ちてくる、当たる部分が当たってしまい痛いといった場合フレームの調整をおススメします。

また、フレームが曲がってしまった場合でも調整修理が可能です。

  • フレーム調整 4,000円~
  • フレーム折れ修理 5,000円~

 

ブローパーツの修理

レンズとレンズの間にあるブリッジ部分の「ブローパーツ」は折れたり、曲がってしまうなどの不具合が出やすい箇所です。不具合が出たら修理を検討しましょう。

  • ブローパーツ修理 12000円~

 

モダン調整・修理

ルノアのメガネの「ツル」の先端についているモダン(先セル)は、汗や皮脂、整髪料、汗、化粧品などで汚れたり、紫外線の影響で劣化してくることがあります。

モダンが合わなくてフィットしない、耳のあたりが痛い、跡が残ってしまう、といった場合、交換修理が可能です。

  • モダン交換 両側 4,000円~

 

蝶番の修理

メガネの蝶番は可動部なのでトラブルが発生しやすいものです。ネジの緩み、蝶番が外れたなど様々な修理に対応しています。

その際、なくしてしまったネジも似寄りのネジにて再取り付け、交換が可能です。

  • 蝶番修理 8000円~
  • ネジの交換 3000円~

ルノアのメガネは上記修理メニュー以外の修理・調整も可能です。汚れてきたからもう交換しよう、壊れたけど我慢して使っている、壊れたからもう使えない、と、あきらめる前にメガネ修理のルネティエにご相談ください。ご質問は無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

メガネ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK
No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.